砺波野のコートハウス

砺波平野の田園風景を望む敷地に建つ木造平屋建住宅。 中庭を中央に配置したコートハウス形式とすることで、家のどこ にいても中庭を介して視線や動線がつながり、家族の気配が感じら れる住まいとした。田園風景をピクチャーウインドウによって切り 取り、見慣れた風景をより愛おしく感じられるような工夫を施した。

外観はダークグレーの左官仕上とし、窓など「住宅らしさ」を感じるマテリアルを表に出すことを避けたミニマムで抽象的な表現とし、周囲の植栽と調和したオブジェの様なデザインとしている。

日中は中庭を介して、プライバシーを確保しながら自然光を室内に取り込み、レースカーテンのフィルターを通すことで、上質で柔らかい光が室内を満たす計画としている。

夜間はダウンライトと間接照明を中心とした照明計画とし、落ち着き感のある雰囲気を演出している。

Principal use    個人住宅

Address      富山県砺波市

Completion date 2018.10

Constructer   株式会社 森組

Work contents  設計・監理

Photographer   谷川ヒロシ